» 未分類のブログ記事

ピンクペッパー

| 未分類 |

紫たまねぎペッパー」と一言で言っても様々な種類のペッパーがあります。よく家庭でも用いられるものとしては「ブラックペッパー」がありますが、私は「ピンクペッパー」というものについてもより多くの人に知ってもらいたいです。このピンクペッパーとは別名ポワブルローゼとも呼ばれるスパイスの一種で、コショウボクという植物の果実を天日に干したりして作られています。このピンクペッパーの特徴は名前からも分かる通り「赤みがかった色」で、料理に使うときに「味」だけではなく「彩り」のスパイスとして使うことが出来る、というのが嬉しい点です。このピンクペッパーにはいくつかの種類がありまして、まず一つに「普通のペッパーの味がするもの」が挙げられます。これは普通のペッパーに色をつけたようなものですから、普通の料理として使うのにもあまり苦労しないのではないか、と思います。そしてピンクペッパーのもう一つの種類として、「からくない」ものがあります。これは西洋ななかまどなどコショウボクとは別の原材料から作られたもので、同じピンクペッパーではあるものの本当に「彩り専門」という形となっています。このように、普段の料理にちょっとしたスパイスが必要なら、このピンクペッパーが役立ってくれますよ。

バニラビーンズ

| 未分類 |

ミョウガあなたはバニラビーンズというスパイスを知っていますか?このバニラビーンズは「あまいもの向け」のスパイスで、良くアイスクリームなどのデザート菓子に使われています。このバニラビーンズの特徴としては、名前にある通り「バニラの甘い匂いが良い」ことが第一に挙げられます。ヨーグルトにちょっとだけ入れてみる、甘めに作ったオムレツにかけてみる、ちょっとビターなチョコケーキにかけてみるといったように、様々な活用方法があるというのがいいところです。私はこの3つ全てを試したことが有りますが、どれをとっても「ワンランク上」のスイーツだな、と感じさせてくれました。またココからも分かる通りバニラビーンズの特徴としては「応用範囲が広い」ということがあります。辛い系スパイスだとある程度料理は限られてくるものですが、このバニラビーンズは多種多様なスイーツに対して使うことが出来ますし、フルーツと混ぜあわせてみる、というのも悪くありません。とにかく「お手軽」かつ「自由」というのがこのバニラビーンズの特徴なのです。普段食べているデザートを、ぜひバニラビーンズでワンランクアップさせてみてください。

ディルシード

| 未分類 |

赤かぶ02ディルシードは世界的には多く使われているスパイスですが、なかなか日本では販売しているところが少ないですよね。この別名をイノンドとも言うこのディルシードは、どちらかというと辛味が強いのが特徴であるスパイスです。どんな料理に使われるかといえば「カレー」や「ピクルス」が代表的ですね。また他にも魚料理などにも使われていて、ディルシードを使ってやるだけで見栄えだけではなく風味が丁度良くなってくれると定評がありmさう。一度このディルシードの匂いを嗅いでいただければだいたいわかるとは思うのですが、本当に「芳ばしい」です。これは辛いな、と匂いの時点で察することが出来るほどこのディルシードは芳ばしい匂いと辛さがウリで、どちらかというと食欲を促進するのにはいい感じのスパイスですね。また、基本的にディルシードはあくまで種子ですから、砕いて使うのが一般的です。ちなみに、このディルシードは嘔吐の抑制や過度なストレスの爆発の抑止、また尿分泌の促進などの薬効もありますから、体調が悪い時にはこのディルシードを使った料理を食べることも選択肢として考えてみてください。

セロリーシード

| 未分類 |

野菜03セロリーシードは、「さわやかさ」と「苦味」を重ねあわせた、セロリの種子を用いて作られたスパイスです。このセロリーシードは主に魚料理や肉料理などに使われており、「普通に食べると重いもの」「味が口に中に残り続けるくらいパワフルなもの」を「さわやか」かつ「後味を良く」してくれます。例えば「デミグラスソースハンバーグ」などはとても後味が重いパターンの料理ですが、これにセロリーシードを使った料理を足してやるだけで、大分お口の中が爽やかになってくれます。また、デミグラスソース自体にいれてやることもあります。このセロリーシードは匂い自体もそこまで悪いわけではなく、普通に「新鮮なさわやかさ」と形容されるようないい匂いがします。だからこそ、あまりにも重みのある食べ物に使ってやることで、食べた後に「きつさ」を感じさせないことが出来るというわけです。ただ、どちらかと言うとセロリーシードは匂いよりも「さわやかに消えていくけれどしっかりとある苦味」というのが良い所ですからね。このセロリーシードはお手頃価格で利用できるスパイスであるところもいいところで、家庭でも混ぜるだけで非常に簡単に使うことが出来ますよ。

スターアニス

| 未分類 |

ピーマン01スターアニスは中国原産の常緑樹から作られるスパイスで、星形をしているのが特徴的です。その形から、中国では八角なんていう言われ方をしていますね。そんなスターアニスは東洋においてはよく使われています。その例が線香や抹香といった宗教的なものです。スターアニスは宗教的なものによく使われているのが特徴的で、名前を知らずとも実際にあなたも一度は嗅いだことのある匂いなはずです。そんなスターアニスはああいった宗教的なものに使う時と料理に使う時とでは加工方法が違っており、料理ではあまり宗教的な匂いはしないわけですが、このスターアニスは主に中華料理に使われています。その中でもお肉系の料理には欠かせないとも言えるもので、「臭さを消して風味をつける」という目的のためには効果抜群なんです。また、時折お菓子類の香りづけにもほんの少しだけ用いられている、という場合がありますね。このスターアニスには「嘔吐の抑制」や「鎮痛」といったような効果があることも知られており、この効能から考えると、どちらかというとスターアニスは薬膳的な料理に向いているのではないかと思います。

シナモン

| 未分類 |

青トウガラシシナモンは、私達がよく見るスパイスの一つなのではないかと思います。シナモンは「甘いスパイス」の代表格とも言えるスパイスで、古くから人々に使われてきました。ただ実際にシナモンを使ってみるとわかると思うのですが、本当は「甘い」わけではないんですよね。このシナモンは甘さを感じさせる独特の香りが特徴的なのですが、実際に料理に使ってみると、シナモンは「ぴりりと少しだけ舌に残る辛味」を残します。ただそれは「コーヒー」や「紅茶」と混ぜてみると分かるように、ここちの良い辛さなんです。ただ甘いだけ、ただ辛いだけというのではなく、甘さと辛さの調度良い調和を生み出してくれるのがこのシナモンだ、というわけなのです。もし自分の料理に「味わい深さがない」と感じているなら、それはとにかく「一つの味」にこだわってしまっているから、という場合が多いです。そういった時にこのシナモンのようなスパイスを使ってやると、味に深みが出たり、その味がさらに引き立てられたりします。シナモンの用途は様々ですから、まずは飲み物から使ってみるとよいでしょう。

サンショー

| 未分類 |

野菜06「サンショー」は日本語で山椒、また俗に「ジャパニーズペッパー」「チャイニーズペッパー」なんて言われたりするスパイスです。このサンショーは実は縄文時代の頃から利用されており、中世においても漢方として重宝されていました。そんなサンショーの整調作用はどのようなものがあかというと、主には「消化促進」「駆風」「消炎」といったものが挙げられます。サンショーは特にお腹の中の環境について整えてくれる、というわけです。さて、そんなサンショーはどちらかというと味に特徴があるスパイスですとにかく「少量でも辛さが来る」というのがいいところなのです。スパイスにおいては、「どれくらい入れるか」というのが大きな問題なわけですが、このサンショーを使うとどんな時にもとりあえず少しだけ入れてやれば、少しピリッとするくらいの辛さになってくれます。この使い勝手の良さもこのサンショーの良い所の一つですね。また、サンショーは「入手しやすい」というのも特徴の一つです。スーパー等でも良く販売されていますから、1家庭に1つはこのサンショーを用意しておきたいものです。

コリアンダーシード

| 未分類 |

ピーマン02

コリアンダーシードは、セリ科の一年草である「コエンドロ」を加工して作るスパイスのことで、原産地は主に地中海沿岸となります。別名としては、パクチーというのがあります。このコリアンダーシードは、スパイスとしては珍しいことではないものの「独特な匂い」が特徴で、正直嫌いだという人と大好きだという人に極端にわかれるように思います。そんなコリアンダーシードですが、そのに匂いはどちらかというと「柑橘系」です。ただ味自体はそこまで柑橘系という感じではありませんし、大量に使っても匂いがきつくなり過ぎないというのが特徴ですから、どっちかというと「隠し味」として利用しやすいですね。このコリアンダーシードは栽培自体が簡単である分、かなりの量が今でも流通しています。また、このコリアンダーシードはカレーには必須と呼ばれるほどのスパイスですし、家庭でも使ったことがある、という人が多いでしょう。甘さがうりのスパイス、苦味がうりのスパイスなど様々なスパイスと調和してくれるのがこのコリアンダーシードですから、もし自宅でスパイスを使うようなことがあるなら、隠し味としてこのコリアンダーシードも使ってみてはいかがでしょうか。

クローブ

| 未分類 |

フルーツ02インドネシアが原産であるクローブの花のつぼみを加工して作るスパイスであるクローブは、少し風変わりなスパイスです。どんなところが風変わりかというと、「甘さ」と「刺激」が両立している所が風変わりなんです。実際にこのクローブを使ってみるとわかると思うのですが、このクローブは「バニラのような甘さ」を一瞬感じさせます。ただ、それでもしっかりとした刺激が残っていて、食べてからは口が爽やかになる・・・これがクローブを使う醍醐味でもあります。そんなクローブは主に肉の臭み取りや焼き菓子等に使うのが一般的で、家庭でも簡単に使うことができます。ですから、スパイスを販売しているところがあれば、ぜひこのクローブを探してみてください。ちなみにこのクローブには、漢方薬としての体の調子を整える作用もあります。日本では昔から漢方薬としてこのクローブを使っていたりしたんですよ。そんなクローブは簡単に使えて、使えばさわやかな匂いがプラスされる、抜群のスパイスです。もし甘い匂いが好きなのでしたら、ぜひこのクローブをスパイスとして使ってみてください。